木と語らい、木を知る ~悠久の美~
 
 
画像をクリック⇒Video movie
再生のための古民家解体
 
画像をクリック⇒Video movie
古民家茅葺屋根葺替え
 
 
木組みの知恵と工夫で、百年後を意識する古民家再生とリフォーム
古民家には、先祖の歴史や時間の積み重ねといった、そこにしかない大切なものがある。

そこに住む家族の「思い」を伝えていくこと、ある意味でそれこそが、伝統的な家を再生やリフォームする意義なのです。伝統というものは、ただ守っているだけは衰退します。
一方で、私達の生活は昔に比べて格段に便利になり、冷暖房、照明などに使われるエネルギー消費量は、増加の一途を辿っている。
その結果、大気汚染や地球温暖化といった深刻な環境問題が引き起こされている、「シックハウス症候群」も社会問題となり、あらためて自然素材のよさが見直されている。
私達は自然力を最大限生かした民家再生や住宅リフォームで循環型環境共生社会を目指して参りたい。また、先進国と後進国の経済と環境格差問題が現実味をおびて来ています。
一方、日本の人口は少子高齢化時代に入り今後ますます、人口は減少し続け2100年には現在の約半分の6千万人位と云われています。即ち、明治時代の人口比と同じです。
日本として抱えている諸問題を解決するには、21世紀プランを市民自らが立上り、作成し行動を起こさねば成らない時期に来ていると云わざるを得ません。
地域が持つ歴史的文化や暮らし方、或いは経済の仕組みを十分に考慮した地域ビジネス計画、そして、地球環境保全と保護、子供と高齢者の日常生活に配慮した「安心で安全な」地域コミュ二ティーの社会づくり、街づくりが求められています。
逆に世界人口は増え続け、2008年現在67億人とも云われています。
 

 
「家」とはなにか・・・、百年後を意識する住まいへの価値

まず、我々は「家」とはなにか…!!を考える必要がある。
日本の住宅は、欧米に比べると寿命が極端に短いという現実の問題が指摘される。
欧米人が、一つの家に代を重ねて住み続け、色々な手法のリフォームで、家に手を加えることで付加価値を高めていくのに対し、日本人は家の「新しさ」に非常に重きを置いている。

エコロジー住宅は「スクラップ アンド ビルド」から始まる。
この意識の違いが住宅の「スクラップ アンド ビルド」の背景の一つとしてある。
また、住宅に限らず、車なども少し古くなると極端に価値が下がる。
文化や伝統の違いも有りますから簡単に善しあしはいえませんが、しかし最近は、「見た目」の新しさ、綺麗さを求めて、汚れやキズを極端に嫌う傾向が強いのです。
そうなると造る側の大工も本来の家が持つ「安全」や「住みやすさ」より機能だけを求めた素材を使わざるを得ない。
つまり、「見た目」と引き換えに「安全」と「快適さ」という家にとって最も重要な価値を抑えているわけで、まさに本末転倒といわざるを得ない。
「人が安全で快適に暮らしつづけることのできる家」造りということは、そのあたりの問題が根本にあるのです。
いつまでも真新しいままの家などあり得ません。

惑わされるな・・・!、見た目や目先の利便性、単価の安さに。
多少のキズや汚れは家族の歴史そのもの…!!。
むしろ家の味わいといえると思うのです。
リフォームのとき、見た目や目先の利便性、単価の安さなどに惑わされがちですが、リフォーム後「生活し続ける」ためには、本当は何が必要なのかという住まう人なりの価値をしかりと考えて欲しいと思う。
そういう視点でリフォームを選択すれば、家の機能もおのずと本質的なものになってくる。
私どもは「長く、快適に住み続ける」と言うテーマで家造りや街づくりを提案、啓発運動をしています。
そして家を長持ちさせるということが結果的に環境に配慮した循環型社会に繋がってゆくものと考えています。
家というのは、多くの人にとって一生に一度の買物であり、リフォームする価値があるものなのです。

建物価値を適正に鑑定し再販する中古流通体制の確立を・・・。
しかし、現状は、減価償却を算出するための税法上の耐用年数が木造住宅で二十年と定められている。この数字が「建物の物理的な寿命と混同されている」。
築二十年を超える木造戸建ての取引は、建物価値はゼロで実質上は土地取引になってしまう。
高齢化社会で公的年金に対する不安が高まるなか、土地・建物を担保に生活資金を融資、返済は死後の当該物件売却で一括返済する「リバースモーゲージー」が注目されているが・・・。
しかし、制度定着には建物価値を適正に鑑定し再販する中古流通体制の確立が重要である。

「もったいない」思想は、地球環境を守る英知。
最近、過剰はよくないという文化が生まれつつありますが、この考え方と環境をリンクさせることで環境問題に対して共感を得やすくなると思うのです。
もともと日本には節約を尊ぶ文化があり、古来からの習慣、「もったいない」という文化をすすめていくことで、地域的な環境も整えられてくるのです。
今の人は昔の人より40年も永く生きる。長寿の時代に環境は大きな要素なのですが・・・。
これからの暮しは、持ち家から街を楽しむに時代は変わっていく。
つまり土地や建物を所有するのではなく、街全体を使用する意識です。
日本は安全で快適な長寿国だから住みたいという人が世界に多くいる。

世界から尊敬される日本へ。
日本本来の歴史を生かした美しい街があちこちにできれば日本は世界から尊敬されるようになる。
また、敗戦後、日本は頑張って経済大国をつくってきたが、国や国民の暮らしがこうありたいという計画をもって街や都市、国をつくってこなかった。
その結果、わずか40年前の建物や100年以上の歴史を経た伝統古民家が大量に解体・廃棄されている。
建てることは考えたが、経済性のみを優先し、リサイクルや環境の問題を考えて来なかった。
ここに、あまり「もったいない」の精神を見ることはできない。

日本人として、誠に恥ずかしい限りである。
2005年2月来日されたノーベル平和賞受賞者でケニヤ環境副大臣のワンガリ・マータイさんが日本語の「もったいない」の言葉を知り、その後、国連本部の会議などで唱えられたことが、きっかけとなり世界に広まって行ったとのこと・・・。
ワンガリ・マータイさんが感心された「もったいない」は、ゴミ削減から再使用、再利用、さらに建物のリフォームまでも含む。

江戸時代はまさにこの言葉を実践した社会である。
昔から日本人は文化度が高い、この民度の高さを支えたもののひとつに表情豊かな自然環境がある。環境政策で世界から尊敬される国になり得れば、日本にとって国の強い力となるのです。
だからこそ、民家再生やリフォーム施工時においては、常に顧客満足がすべてに優先するのだということを忘れてはいけない。
 
 
画像をクリック⇒See next
2004年2月4日 毎日新聞社取材記事(記者:樽味典明氏)
 

和と洋の建築;リフォーム前
 

和と洋の建築;解体の様子
 

和と洋の建築;和側壁面軸組
 

和と洋の建築;リフォーム完成
 

 
リンクやバナーはこちらをクリック

「匠の技法と精神」と文化を知る法人会員

NPO法人エコ住宅リサイクルバンク
横浜市中区本牧間門37-24
tel:050-5526-1463 / fax:045-621-1329
e-mail: info@ejrb-y.jp

文章・写真等の無断転載を禁じます

 

 
© 2006 NPO ECO HOUSE RECYCLE BANK. ALL RIGHTS RESERVED.
NEW BLOGS | 活動の紹介 | 民家再生実例 | イベント情報 | メディア掲載 | 事業者紹介 | 民家データバンク | お問い合わせ | ENGLISH | HOME
TWITTER | オール電化&エコキュート | 本牧LRT | NATIONAL TRUST | スタッフ&会員募集 | Newゲストハウス | 歴史フットパス英語ガイドの会