本文へスキップ

NPO法人 エコ住宅リサイクルバンクは、3千円以上の寄付を100人以上のかたにお願い致しております。

TEL. 050-5526-1463

〒231-0836 横浜市中区根岸町2−100

日本文化と歴史遺産JAPANESE CULTURE&HERITAGE

映像で見る日本文化

三溪園

国指定名勝・横浜「三溪園」の礎を築いた 原 善三郎 翁

武蔵国渡瀬村(現埼玉県児玉郡神川町)より横濱へ
生糸貿易で財を築いた明治時代の豪商で、横浜本牧山林と田圃を20万u買収しました、ここが後日、三渓園として誕生します。
また、今日の人口370万余の横浜の礎を築いた偉人。

原 善三郎 翁 の生家(神川町に現存)


三溪園

「三溪園」

三溪園は生糸貿易により財を成した実業家 原 三溪によって、1906年(明治39)5月1日に公開されました。175,000uに及ぶ園内には京都や鎌倉などから移築された歴史的に価値の高い建造物が巧みに配置されています。
【財団法人 三溪園保勝会提供】  原三溪園について
映像を見る



20世紀最後の伝統木造建築

三五荘の記録

三五荘の記録

1990年に行われた三五荘の改修工事
木漏れ日にきらめく緑、木々の間から見え隠れする茅葺き屋根、世紀を越えた建物がひっそりと侘んでいます。江戸時代末期に甲府地方の塩山に建築され、当時を代表する建築物であった民家が、昭和10年に移築保存されています。
映像を見る


数寄屋工匠

数寄屋工匠

失われゆく20世紀最後の数寄屋建築
緑豊かな避暑地の趣を多く留めるここ軽井沢南ヶ丘の地に、千利休が350年前に大阪屋敷に建てたと伝えられる茶室が復元された。失われつつある日本伝統文化の継承のための地でもあります。
映像を見る


利休 幻の茶室

利休 幻の茶室

利休の最高傑作といわれる「幻の茶室」
緑豊かな避暑地の趣を多く留めるここ軽井沢南ヶ丘の地に、利休が約400年前に大阪屋敷に建てたと伝えられる、誰もが成し遂げ得なかった「幻の茶室」が完全復元れました。
また、江戸時代末期に甲州に建築された民家(三五荘)も移築されています。
映像を見る



消えつつある和のこころと技法

自然の力と喧嘩

自然の力と喧嘩をしたら人間が負ける

実際に樹に触れてこそ分かる日本建築の「美の粋」
たとえば、技術者は学問的に建物を勉強してきた人で、技能者は棟梁などの匠(職人)のことを云います。技術者のよさは技術の論理を知っていることで、技能者のよさは実際に建物を造る技能があることです。しかし、技術者も技能者もどちらかひとつだけ知っていても、これまた困るのです。
データを見る


家とは何か

家とは何か、100年後を意識する住まい

まず、我々は「家」とはなにか…!!を考える必要がある。
日本の住宅は、欧米に比べると寿命が極端に短いという現実の問題が指摘される。欧米人が、一つの家に代を重ねて住み続け、色々な手法のリフォームで、家に手を加えることで付加価値を高めていくのに対し、日本人は家の「新しさ」に非常に重きを置いている。
データを見る


地震に強い柱

地震に強い柱に通す貫工法、強さの秘密

2005年現在、日本には住宅が約5300万戸。
1995年阪神大地震以降も住宅において耐震化はなかなか進んでいない実態が明らかになっています。同震災では犠牲者を出した倒壊家屋の大半が老朽化していた、中でも被害が甚大なのは戦後の混乱期や高度成長期に無秩序につくられた。
データを見る


匠の技

匠の技にかける

軽快酒脱な意匠を支えるには、技術的な苦心。
数奇屋は“草”の芸術である。匠たちの造形感覚を通じて自由な表現が展開される。規範的なもののもつ厳しさや硬さが拭われてしまう。草体化の仕方によっては規範的なものが全く影を没することもあるし、またその輪郭や面影をとどめることもある。
データを見る


高度な技

数寄屋のリフォームにおける、高度な技

樹の心を求め、心を通る一本の直線を基に
永丸太で組み立てる仕事には、角材とはまた違った固有の技巧がある。丸太の場合は角材のように、表面を平滑に削り上げる苦心は少ない代わりに、皮肌の持ち味を生かすために、あるいは削ったツラの部分との調和をとるために、色付けなど種々な工夫を凝らす。
データを見る


施主とのかかわり

数寄屋のリフォーム、施主とのかかわり

まず施主との関わりあいからはじまる。
永年お取引きのある施主の方だとよいが、はじめてお目にかかる施主の方が多い。それも施主と少しでもお付き合いが出来ればまだよいが、実際にはそうもいかない。短期間の間に施主の注文をうけねばならない。
データを見る



歴史から消えゆく民家、消えた民家

旧根岸競馬場一等馬見場

旧根岸競馬場一等馬見場

馬見所は、住宅や学校などの建築を手がけた米国人のJ・H・モーガンの設計。日本初の洋式競馬場とされる根岸競馬場(現・根岸森林公園)の馬見所として、1929年に造られた。
データを見る


スタンダード石油会社の社宅

戦後に建てられたスタンダード石油会社の社宅

1888年にチェコスロバキア人としてオーストリア帝国の統治下で生まれ育ち、アメリカに渡る。ヨーロッパを往復し、旧帝国ホテルの建築に際して大正8年(1919年)、F.L.ライトの助手としてノエミ夫人と共に来日する、そのまま日本に定着した。
データを見る

レーモンド設計グリーンハウスの保存再生プラン


バナースペース

ナビゲーション

一般社団法人 かながわ福祉
  リフォームサポート機構

国の助成事業コンサルティング

一般社団法人本牧LRV協議会

協同事業支援パートナー

リフレッシュ山手店
有限会社
シンセリティ・トリートメント・カンパニー

加盟法人賛助会員

特定非営利活動法人
エコ住宅リサイクルバンク

〒231-0836
横浜市中区根岸町2−100

TEL 050-5526-1463
FAX 045-621-1329