最新のイベント情報
 
 

Sunday, February 05, 2006, 11:39

2006/02/05 - Enviroment Dwelling and Town Construction Forum 2006

歴史古街道から見えてくる横浜の未来

●日時:2006年02月05日(日) 午後1時半~午後4時半
●参加費:1000円(入園料含む)
●会場:三渓園 (鶴翔閣)神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1 (地図下記参照)
●主催:NPO法人エコ住宅リサイクルバンク
●共催:(社)かながわ住まい・まちづくり協会
●講師:宮田 太郎 氏
●後援:環境省/国土交通省/経済産業省/文化庁/林野庁/神奈川県/横浜市/ 〔内閣府/(申請中)〕住まい・まちづくり活動推進協議会/神奈川県商工会議所連合会会/NHK横浜放送局/テレビ神奈川/毎日新聞社横浜支局/朝日新聞社横浜総局/読売新聞社横浜支局/日本経済新聞社横浜支局/神奈川新聞社/NPO法人横濱楽座
●申込方法:ハガキ・メール・FAXにて住所、氏名、電話番号を明記の上、下記へお申し込み下さい。NPO法人エコ住宅リサイクルバンク〒231-0825横浜市中区本牧間門37-24
TEL:045-5526-1463 & FAX:045-621-1329 & E-mail:info@ejrb-y.jp
参加費につきましては下記口座をご利用下さい。ご入金確認後追って入場券を郵送します。郵便振替口座名:NPO法人 エコ住宅リサイクルバンク口座番号00280-4-40917

●お問合せ先:NPO法人エコ住宅リサイクルバンク
電話050-5526-1463 / 当日まで随時〔申込み受付〕
●交通案内 : 三渓園 交通のご案内 電車・バスをご利用の場合
◆JR根岸駅 1番のりば(市バス58.99.101.108.126系統)10分本牧バス停下車 徒歩7分
◆地下鉄「みなとみらい線」元町中華街駅よりバス8系統 本牧三渓園前下車 徒歩3分 をご利用下さい。

フォーラム開催の趣旨
先人の英知と歴史から21世紀型の地域活性化と文化ビジネスを学ぶ!!
-少子高齢化社会が問う港都21世紀歴史ビジネスと潤いある街並みと暮らし- いま、日本に外国の知識人が住みたがる「安全な街並み」や「伝統民家の住まい」を問う。

伝統と先進の共存する街づくり

「サスティナブル デザイン」という言葉をご存知でしょうか?それは、「持続可能な開発」を遂げるためのデザイン全てを指す言葉です。環境にやさしい、いわゆるエコデザインにとどまることなく、人や環境全体とのかかわりを重視して原料から製造、廃棄、 分解にいたるまでのすべてを考えなおすことを意味します。 時代は、もはや大量消費、大量廃棄から「持続可能な開発」へと大きく転換しつつあると言って良いでしょう。この、「サスティナルブル」という考え方は今後の私たちの街づくリや、 生き方そのものにも大きな影響を与えることは間違いないところです。かって、「もったいない」という考え方が日本にはありました。それこそサスティナルブルに通じる日本古来の美徳だと思います。今一度、私たちの身の回りを「もったいない」の視点で捉え直す時、そこには、「伝統と先進の共存する」サスティナルブルな街づくりが実現していくものと考えています。 そのモデルにふさわしい資質を持つ街、港都(=横浜本牧)のこれからを一緒に考えてみませんか。

フォーラムのプログラム

13:30~13:35 「主催者 あいさつ」
NPO法人 エコ住宅リサイクルバンク 理事長 二藤 忠

13:35~13:45
「 歌(イメージ) 一曲」 若手ヴォーカリスト 藤沢 教正 氏

13:50~15:20
歴史トークライブ:「 歴史古道から見えてくる 横浜の未来 」
歴史古道まちづくりプランナー 古街道研究家 宮田 太郎 氏

15:30~16:20
「歌(イメージ)でつづる横浜」 若手ヴォーカリスト 藤沢 教正 氏    

講師紹介(プロフィール)
宮田 太郎 氏


○ 歴史古道まちづくりプランナー
○ 歴史古街道団・団長
○ 古街道研究家 歴史ルポライター
○ カルチャー講師

≪プロフィール概略≫

1959年東京都出身。全国の隠された魅力や活性化のための資源、人と街のコミュニティー、都市間コミュニティーを「歴史の道」から組み上げていくプランナー。 また古代~中世の古街道の地表と地下の痕跡を考古学的、歴史地理学的に調査研究している。古代に渡来系技術者が関与した国家的都市設計と測量、海の民と山の民の交流路、海の古道と陸の古道、山岳と丘陵地の祭祀遺跡や仏教遺跡などを研究。 朝日カルチャー、クラブツーリズム、多摩らいふ倶楽部、NHK学園講師。

ホームページ:歴史古街道団かわらばん

----------------------------------------------------------

歌: 「歌(イメージ)でつづる横浜」
藤沢 教正 氏


○ 武蔵野音楽大学声楽科在学中のシンガーソングライター
○ 若手ヴォーカリスト 

≪プロフィール概略≫

住む人だけではなく、多くのファンを持つ地―横浜。その魅力は一体どこにあるのだろうか。 景色に秘められたイメージを古きよき時代から今日までを情感豊かな「歌(イメージ)」でつづる。今、注目の若手ヴォーカリスト藤沢教正氏。 類まれなその才能は聴くものを魅了して止まない。 彼の「歌(イメージ)でつづる横浜」からあなたの心にはどんな未来が広がってゆくのだろうか。

ホームページ:藤沢教正/Remember

-----------------------------------------------------------------

全国の隠された魅力や活性化のための資源、人と街のコミュニティー、都市間コミュニティーを「歴史の道」から組み上げていくプランナー。 また古代~中世の古街道の地表と地下の痕跡を考古学的、歴史地理学的に調査研究している。 古代に渡来系技術者が関与した国家的都市設計と測量、海の民と山の民の交流路、海の古道と陸の古道、山岳と丘陵地の祭祀遺跡や仏教遺跡などを研究。 朝日カルチャー、クラブツーリズム、多摩らいふ倶楽部、NHK学園講師。


古街道研究家 宮田太郎氏を講師にお招きし、横浜の本来の中心地はどこだったのか?絹の道はなぜ栄えることができたのか?フォーラムを開催した会場の「三渓園」は生糸貿易で財をなした横浜の実業家 原 三渓の元邸宅。道の歴史が横浜の産業、文化往来など重要な役割を果たしてきた事をスライドをとおして講演された。


忘れかけていた伝統的な生活、人と自然の共生による環境、多忙な日々を過ごす私たち現代人に、昔を学び、未来を知ることの大切さを語りました。


ピアノベースのシンガーソングライター「のり」こと藤沢教正氏。11歳のとき、小学校開校25周年記念のイメージソングを作曲し、採用されたのをきっかけにシンガーソングに興味を示す。NHKのど自慢グランプリ、バンド形式で新曲をレコーディング等、数々の賞を獲得、その才能にエールを。


茅葺民家「鶴翔閣」で若者のライブ。やわらかな雰囲気を醸しだし、まるで空間がタイムスリップしたようなひとときでした。


県外からの来場者も多数あり、質疑応答の時間では、新しいもの発見と、興味深く、熱心に質問され、とても盛り上がったフォーラムでした。ご協力いただきましたスタッフの皆様、ありがとうございました。




過去のイベント情報 « 1 2 3 4 5 »   


 
     
 

 
 
リンクやバナーはこちらをクリック

「匠の技法と精神」と文化を知る法人会員

NPO法人エコ住宅リサイクルバンク
横浜市中区本牧間門37-24
tel:050-5526-1463 / fax:045-621-1329
e-mail: info@ejrb-y.jp

文章・写真等の無断転載を禁じます

 
     
 
© 2006 NPO ECO HOUSE RECYCLE BANK. ALL RIGHTS RESERVED.
NEW BLOGS | 活動の紹介 | 民家再生実例 | イベント情報 | メディア掲載 | 事業者紹介 | 民家データバンク | お問い合わせ | ENGLISH | HOME
TWITTER | オール電化&エコキュート | 本牧LRT | NATIONAL TRUST | スタッフ&会員募集 | Newゲストハウス | 歴史フットパス英語ガイドの会