本文へスキップ

NPO法人 エコ住宅リサイクルバンクは、3千円以上の寄付を100人以上のかたにお願い致しております。

TEL. 050-5526-1463

〒231-0836 横浜市中区根岸町2-100

国の補助事業一覧ASSITANTINDUSRTY SELECTION

我が国の最終エネルギー消費の3割以上を占め、1990年以降エネルギー消費が他の分野に比べても高い水準で推移している住宅・建築部門においては、エネルギー消費量削減の対策が急務である。
中でも、約5,000万戸を占める既築住宅への対策が重要である。国の補助事業制度による長期優良住宅の省エネポテンシャルは大きい。

平成28年度 国の補助事業

  • 平成28年度「地域型住宅ブランド化事業」グループ提案採択
    平成28年6月26日にグループ提案が、国土交通省に採択されました。
    【国土交通省・住宅局による補助金】
    「知らなきゃする・知ってする」国の補助金・制度活用法

    〔国土交通省 報道発表資料〕 
    住まいの新築に、国の補助金活用を!
    地域工務店等とこれらを取り巻く関連事業者(地域材等資材供給から設計・施工まで)が緊密な連携体制を構築し、地域資源を活用して地域の気候・風土にあった良質で特徴的な「地域型住宅」の供給に取り組むことを支援し、 地域における木造住宅生産・維持管理体制の強化を図り、地域経済の活性化及び持続的発展、地域の住文化の継承及び街並みの整備、木材自給率の向上による森林・林業の再生等に寄与することを目的とする。
    ➲補助限度額=100万円/1戸 (上限です。)
    補助対象となる住宅
    補助の対象となる住宅(以下「対象住宅」という。)については、次の全ての要件を満たす、地域材を活用する木造住宅を対象とします。
    (1) 採択されたグループ毎の地域型住宅の共通ルール等(グループの採択時に指定する内容)に則して、グループの構成員である中小住宅生産者等により供給されるもの
    (2) 長期優良住宅の普及の促進に関する法律(平成20年12月5日法律第7号)に基づき、所管行政庁による長期優良住宅建築等計画の認定を受け、グループに対する採択通知発出後に着工するもの
    補助金の額
    補助金の額は、地域材を活用した対象住宅の建設工事費の1割以内の額。
    上限 100万円/1戸

    グループ代表 :かながわ福祉リフォームサポート機構
    グループ施工 :有限会社シンセリティ・トリートメント・カンパニー (問合せ先)
    グループ事務局:かながわ福祉リフォームサポート機構
    協力:NPO法人 エコ住宅リサイクルバンク
  • 平成28年度「長期優良住宅化リフォーム推進事業」グループ提案採択
    平成28年7月1日にグループ提案が、国土交通省に採択されました。
    平成28年12月22日にグループ提案が、国土交通省に採択されました。
    【国土交通省・住宅局による補助金】
    「知らなきゃする・知ってする」国の補助金・制度活用法

    〔国土交通省 報道発表資料〕 
    住まいのリフォームに、国の補助金活用を!
    インスペクション、性能向上のためのリフォーム及び適切なメンテナンスによる住宅ストックの長寿命化を図る優良な取り組みに対し、国が事業の実施に要する費用の一部について支援することにより、 既存住宅ストックの質の向上及び流通促進に向けた市場環境の醸成を図るものです。
    ➲補助限度額=100万円/戸(提案型の一部については200万円/戸) (上限です。)
    ➲補助限度額=200万円/戸(評価基準型) (上限です。)
    主な事業要件
    以下の要件を満たす住宅のリフォーム工事事業
    (1) リフォーム工事前にインスペクションを行い、工事後に維持保全計画を作成すること。
    (2) 住宅の性能向上のためのリフォーム工事を行うこと。
    (3) リフォーム工事後に少なくとも劣化対策と耐震性について一定の基準を満たすこと。
    補助対象費用
    下記に示す長期優良住宅化リフォーム推進事業に要する費用とする
    (1) 耐震性、劣化対策、省エネ性等の住宅性能向上のための工事。
    (2) (1)以外の住宅性能の向上に資する工事。
    (3) インスペクションの実施、維持保全計画の作成等に要する費用。
    補助率・上限
    補助率:1/3(上記のリフォーム工事を行う建築主等に対して、国が費用の1/3を支援)
    上限:100万円/戸(提案型の一部については200万円/戸)
    上限:200万円/戸(評価基準型)
    応募期間
    平成27年4月25日(金)~平成27年5月30日(金)18時 ※必着

    グループ代表 :かながわ福祉リフォームサポート機構
    グループ施工 :有限会社シンセリティ・トリートメント・カンパニー (問合せ先)
    グループ事務局:かながわ福祉リフォームサポート機構
    協力:NPO法人 エコ住宅リサイクルバンク

平成27年度 国の補助事業

  • 平成27年度「地域型住宅ブランド化事業」グループ提案採択
    平成27年6月26日にグループ提案が、国土交通省に採択されました。
    【国土交通省・住宅局による補助金】
    「知らなきゃする・知ってする」国の補助金・制度活用法

    〔国土交通省 報道発表資料〕 
    住まいの新築に、国の補助金活用を!
    地域工務店等とこれらを取り巻く関連事業者(地域材等資材供給から設計・施工まで)が緊密な連携体制を構築し、地域資源を活用して地域の気候・風土にあった良質で特徴的な「地域型住宅」の供給に取り組むことを支援し、 地域における木造住宅生産・維持管理体制の強化を図り、地域経済の活性化及び持続的発展、地域の住文化の継承及び街並みの整備、木材自給率の向上による森林・林業の再生等に寄与することを目的とする。
    ➲補助限度額=100万円/1戸 (上限です。)
    補助対象となる住宅
    補助の対象となる住宅(以下「対象住宅」という。)については、次の全ての要件を満たす、地域材を活用する木造住宅を対象とします。
    (1) 採択されたグループ毎の地域型住宅の共通ルール等(グループの採択時に指定する内容)に則して、グループの構成員である中小住宅生産者等により供給されるもの
    (2) 長期優良住宅の普及の促進に関する法律(平成20年12月5日法律第7号)に基づき、所管行政庁による長期優良住宅建築等計画の認定を受け、グループに対する採択通知発出後に着工するもの
    補助金の額
    補助金の額は、地域材を活用した対象住宅の建設工事費の1割以内の額。
    上限 100万円/1戸

    グループ代表 :かながわ福祉リフォームサポート機構
    グループ施工 :有限会社シンセリティ・トリートメント・カンパニー (問合せ先)
    グループ事務局:かながわ福祉リフォームサポート機構
    協力:NPO法人 エコ住宅リサイクルバンク
  • 平成27年度「長期優良住宅化リフォーム推進事業」グループ提案採択
    平成27年7月1日にグループ提案が、国土交通省に採択されました。
    平成27年12月22日にグループ提案が、国土交通省に採択されました。
    【国土交通省・住宅局による補助金】
    「知らなきゃする・知ってする」国の補助金・制度活用法

    〔国土交通省 報道発表資料〕 
    住まいのリフォームに、国の補助金活用を!
    インスペクション、性能向上のためのリフォーム及び適切なメンテナンスによる住宅ストックの長寿命化を図る優良な取り組みに対し、国が事業の実施に要する費用の一部について支援することにより、 既存住宅ストックの質の向上及び流通促進に向けた市場環境の醸成を図るものです。
    ➲補助限度額=100万円/戸(提案型の一部については200万円/戸) (上限です。)
    ➲補助限度額=200万円/戸(評価基準型) (上限です。)
    主な事業要件
    以下の要件を満たす住宅のリフォーム工事事業
    (1) リフォーム工事前にインスペクションを行い、工事後に維持保全計画を作成すること。
    (2) 住宅の性能向上のためのリフォーム工事を行うこと。
    (3) リフォーム工事後に少なくとも劣化対策と耐震性について一定の基準を満たすこと。
    補助対象費用
    下記に示す長期優良住宅化リフォーム推進事業に要する費用とする
    (1) 耐震性、劣化対策、省エネ性等の住宅性能向上のための工事。
    (2) (1)以外の住宅性能の向上に資する工事。
    (3) インスペクションの実施、維持保全計画の作成等に要する費用。
    補助率・上限
    補助率:1/3(上記のリフォーム工事を行う建築主等に対して、国が費用の1/3を支援)
    上限:100万円/戸(提案型の一部については200万円/戸)
    上限:200万円/戸(評価基準型)
    応募期間
    平成27年4月25日(金)~平成27年5月30日(金)18時 ※必着

    グループ代表 :かながわ福祉リフォームサポート機構
    グループ施工 :有限会社シンセリティ・トリートメント・カンパニー (問合せ先)
    グループ事務局:かながわ福祉リフォームサポート機構
    協力:NPO法人 エコ住宅リサイクルバンク

平成26年度 国の補助事業

  • 平成26年度「地域型住宅ブランド化事業」グループ提案採択
    平成26年6月26日にグループ提案が、国土交通省に採択されました。
    【国土交通省・住宅局による補助金】
    「知らなきゃする・知ってする」国の補助金・制度活用法

    〔国土交通省 報道発表資料〕 
    住まいの新築に、国の補助金活用を!
    地域工務店等とこれらを取り巻く関連事業者(地域材等資材供給から設計・施工まで)が緊密な連携体制を構築し、地域資源を活用して地域の気候・風土にあった良質で特徴的な「地域型住宅」の供給に取り組むことを支援し、 地域における木造住宅生産・維持管理体制の強化を図り、地域経済の活性化及び持続的発展、地域の住文化の継承及び街並みの整備、木材自給率の向上による森林・林業の再生等に寄与することを目的とする。
    ➲補助限度額=100万円/1戸 (上限です。)
    補助対象となる住宅
    補助の対象となる住宅(以下「対象住宅」という。)については、次の全ての要件を満たす、地域材を活用する木造住宅を対象とします。
    (1) 採択されたグループ毎の地域型住宅の共通ルール等(グループの採択時に指定する内容)に則して、グループの構成員である中小住宅生産者等により供給されるもの
    (2) 長期優良住宅の普及の促進に関する法律(平成20年12月5日法律第7号)に基づき、所管行政庁による長期優良住宅建築等計画の認定を受け、グループに対する採択通知発出後に着工するもの
    補助金の額
    補助金の額は、地域材を活用した対象住宅の建設工事費の1割以内の額。
    上限 100万円/1戸

    グループ代表 :かながわ福祉リフォームサポート機構
    グループ施工 :有限会社シンセリティ・トリートメント・カンパニー (問合せ先)
    グループ事務局:かながわ福祉リフォームサポート機構
    協力:NPO法人 エコ住宅リサイクルバンク
  • 平成26年度「長期優良住宅化リフォーム推進事業」グループ提案採択
    平成26年7月1日にグループ提案が、国土交通省に採択されました。
    平成26年12月22日にグループ提案が、国土交通省に採択されました。
    【国土交通省・住宅局による補助金】
    「知らなきゃする・知ってする」国の補助金・制度活用法

    〔国土交通省 報道発表資料〕 
    住まいのリフォームに、国の補助金活用を!
    インスペクション、性能向上のためのリフォーム及び適切なメンテナンスによる住宅ストックの長寿命化を図る優良な取り組みに対し、国が事業の実施に要する費用の一部について支援することにより、 既存住宅ストックの質の向上及び流通促進に向けた市場環境の醸成を図るものです。
    ➲補助限度額=100万円/戸(提案型の一部については200万円/戸) (上限です。)
    ➲補助限度額=200万円/戸(評価基準型) (上限です。)
    主な事業要件
    以下の要件を満たす住宅のリフォーム工事事業
    (1) リフォーム工事前にインスペクションを行い、工事後に維持保全計画を作成すること。
    (2) 住宅の性能向上のためのリフォーム工事を行うこと。
    (3) リフォーム工事後に少なくとも劣化対策と耐震性について一定の基準を満たすこと。
    補助対象費用
    下記に示す長期優良住宅化リフォーム推進事業に要する費用とする
    (1) 耐震性、劣化対策、省エネ性等の住宅性能向上のための工事。
    (2) (1)以外の住宅性能の向上に資する工事。
    (3) インスペクションの実施、維持保全計画の作成等に要する費用。
    補助率・上限
    補助率:1/3(上記のリフォーム工事を行う建築主等に対して、国が費用の1/3を支援)
    上限:100万円/戸(提案型の一部については200万円/戸)
    上限:200万円/戸(評価基準型)
    応募期間
    平成26年4月25日(金)~平成26年5月30日(金)18時 ※必着

    グループ代表 :かながわ福祉リフォームサポート機構
    グループ施工 :有限会社シンセリティ・トリートメント・カンパニー (問合せ先)
    グループ事務局:かながわ福祉リフォームサポート機構
    協力:NPO法人 エコ住宅リサイクルバンク
  • 平成26年度「既存住宅における高性能建材導入促進事業」グループ提案終了
    申請期間
    一次公募:平成26年5月14日(水)~平成26年6月30日(月)17:00必着分まで。
    二次公募:平成26年8月上旬~平成26年10月下旬(予定)
    【二次公募は、一次公募で補助事業申請の合計額が予算に達した場合、実施しない可能性もある】
    【経済産業省・資源エネルギー庁による補助金】
    「知らなきゃする・知ってする」国の補助金・制度活用法

    〔一般社団法人 環境共創イニシアチブ〕 
    住まいの省エネ改修に、国の補助金活用を!
    高性能建材の市場拡大と価格の低減により既築住宅の省エネ改修を促し、省エネを推進するため、省エネルギー性能の高い高性能建材を用いた改修。
    ➲補助限度額=150万円/1戸 (上限です。)
    事業趣旨
    高性能建材の市場拡大と価格の低減により既築住宅の省エネ改修を促し、省エネを推進するため、省エネルギー性能の高い高性能建材を用いた改修を行う者に補助金を交付し、予算の範囲内において、その活動を支援するものです。
    申請者の資格
    下記(1)(2)いずれかに該当する者を対象とします。
    (1) 戸建住宅・集合住宅(分譲)の所有者。ただし、当該住宅が下記A・Bの条件を満たす場合に限る。
      A. 申請者が常時居住する住宅であること。(住民票に示す人物と同一であること)
      B. 専用住宅であること。
    (店舗等と居住部分が同一住宅の場合、エネルギー(電気・ガス等)を分けて管理できていること。及び断熱工事においても区分されていること)
    (2) 集合住宅(分譲)の管理組合、集合住宅(賃貸)(※1)の所有者。
     ただし、原則当該集合住宅の全戸を改修する場合に限る。
      ※1 社宅等も含む。
    補助率
    補助対象経費の1/3以内とします。
    補助金額
    上限 150万円/1戸
    ※集合住宅の全戸改修においても1戸あたりとする。

    お問合せ:☎:050-5526-1463   お申込みはこちら
    主催:有限会社 シンセリティ・トリートメント・カンパニー
    協力:NPO法人 エコ住宅リサイクルバンク
  • 平成26年度「木材利用ポイント」事業終了
    【農林水産省・林野庁による補助金】
    地域材を活用した木造住宅の新築・増築、内装・外装の木質化、木材製品等の購入

    〔林野庁 林政部木材利用課〕
    申請窓口:有限会社シンセリティ・トリートメント・カンパニー
    事務手続:かながわ福祉リフォームサポート機構

平成25年度 国の補助事業

  • 平成25年度「地域型住宅ブランド化事業」グループ提案採択
    平成25年8月6日にグループ提案が、国土交通省に採択されました。
    【国土交通省・住宅局による補助金】
    「知らなきゃする・知ってする」国の補助金・制度活用法

    〔国土交通省 報道発表資料〕 〔グループ採択一覧〕
    住まいの新築に、国の補助金活用を!
    地域工務店等とこれらを取り巻く関連事業者(地域材等資材供給から設計・施工まで)が緊密な連携体制を構築し、地域資源を活用して地域の気候・風土にあった良質で特徴的な「地域型住宅」の供給に取り組むことを支援し、 地域における木造住宅生産・維持管理体制の強化を図り、地域経済の活性化及び持続的発展、地域の住文化の継承及び街並みの整備、木材自給率の向上による森林・林業の再生等に寄与することを目的とする。
    ➲補助限度額=100万円/1戸 (上限です。)
    補助対象となる住宅
    補助の対象となる住宅(以下「対象住宅」という。)については、次の全ての要件を満たす、地域材を活用する木造住宅を対象とします。
    (1) 採択されたグループ毎の地域型住宅の共通ルール等(グループの採択時に指定する内容)に則して、グループの構成員である中小住宅生産者等により供給されるもの
    (2) 長期優良住宅の普及の促進に関する法律(平成20年12月5日法律第7号)に基づき、所管行政庁による長期優良住宅建築等計画の認定を受け、グループに対する採択通知発出後に着工するもの
    補助金の額
    補助金の額は、地域材を活用した対象住宅の建設工事費の1割以内の額。
    上限 100万円/1戸

    グループ代表 :かながわ福祉リフォームサポート機構
    グループ施工 :有限会社シンセリティ・トリートメント・カンパニー (問合せ先)
    グループ事務局:かながわ福祉リフォームサポート機構
    協力:NPO法人 エコ住宅リサイクルバンク
  • 平成25年度「既存住宅における高性能建材導入促進事業」
    【経済産業省・資源エネルギー庁による補助金】
    「知らなきゃする・知ってする」国の補助金・制度活用法

    (資源エネルギー庁)〔拡大〕
    住まいの省エネ改修に、国の補助金活用を!
    高性能建材の市場拡大と価格の低減により既築住宅の省エネ改修を促し、省エネを推進するため、省エネルギー性能の高い高性能建材を用いた改修。
    ➲補助限度額=150万円/1戸 (上限です。)
    事業趣旨
    高性能建材の市場拡大と価格の低減により既築住宅の省エネ改修を促し、省エネを推進するため、省エネルギー性能の高い高性能建材を用いた改修を行う者に補助金を交付し、予算の範囲内において、その活動を支援するものです。
    申請者の資格
    下記(1)(2)いずれかに該当する者を対象とします。
    (1) 戸建住宅・集合住宅(分譲)の所有者。ただし、当該住宅が下記A・Bの条件を満たす場合に限る。
      A. 申請者が常時居住する住宅であること。(住民票に示す人物と同一であること)
      B. 専用住宅であること。
    (店舗等と居住部分が同一住宅の場合、エネルギー(電気・ガス等)を分けて管理できていること。及び断熱工事においても区分されていること)
    (2) 集合住宅(分譲)の管理組合、集合住宅(賃貸)(※1)の所有者。
     ただし、原則当該集合住宅の全戸を改修する場合に限る。
      ※1 社宅等も含む。
    補助率
    補助対象経費の1/3以内とします。
    補助金額
    上限 150万円/1戸
    ※集合住宅の全戸改修においても1戸あたりとする。
    8月上旬 一般公募開始
    8月上旬 一般公募に関する公募説明会(全国7会場を予定)
    ※事前エントリー制となります。事前エントリーの受付は8月上旬頃を予定。

    お問合せ:☎:050-5526-1463   お申込みはこちら
    主催:有限会社 シンセリティ・トリートメント・カンパニー
    協力:NPO法人 エコ住宅リサイクルバンク
  • 平成25年度「木材利用ポイント」事業
    【農林水産省・林野庁による補助金】
    地域材を活用した木造住宅の新築・増築、内装・外装の木質化、木材製品等の購入

    〔林野庁 林政部木材利用課〕
    申請窓口:有限会社シンセリティ・トリートメント・カンパニー
    事務手続:かながわ福祉リフォームサポート機構
  • 平成25年度「住宅・建築物省エネ改修等推進事業」(事前申請7月8日受付終了)
    省エネルギー改修に加えて、バリアフリー・耐震改修等を行う場合も対象。

    〔国土交通省 住宅局木造住宅振興室〕 告知チラシ(pdf)  タウンニュース(pdf)
    代表提案者:有限会社 シンセリティ・トリートメント・カンパニー
    事務代行者:かながわ福祉リフォームサポート機構
    作業協力者:NPO法人 エコ住宅リサイクルバンク
    ※応募にあたっては事業登録と応募書類提出の2段階の手続きが必要です。
    ※ 省エネ改修推進事業

平成24年度 国の補助事業

バナースペース

ナビゲーション

一般社団法人 かながわ福祉
  リフォームサポート機構

国の助成事業コンサルティング

一般社団法人本牧LRV協議会

協同事業支援パートナー

リフレッシュ山手店
有限会社
シンセリティ・トリートメント・カンパニー

加盟法人賛助会員

特定非営利活動法人
エコ住宅リサイクルバンク

〒231-0836
横浜市中区根岸町2-100

TEL 050-5526-1463
FAX 045-621-1329